ハリアーとNXではどちらが高級なのか?どちらを買ったら良い??

ハリアーとレクサスNXではどちが高級なのでしょうか?

これは言うまでもなくレクサスNXです。

まず価格が違いますから明らかにレクサスの方が高いですし高級車となっています。

ただしどちらを買えば良いのかということになると必ずしもNXとはいかないと思います。


買取相場より30万円以上高く車を売る方法とは?

●高く売りたいなら、ディーラーの下取りは止めましょう

●買取業者の査定額は一定ではなく、 車の査定はいろいろな要因で、買取価格が決定します

●複数の買取業者を競わせることがあなたの愛車をいちばん高く売る方法です

買取業者もビジネスですので、安く仕入れることができれば利益が増えます。あなたは損をしないように事前に一括査定であなたの車の買取価格を複数業者に競わせて、納得いく査定額を引き出すことが重要です。かんたん車査定ガイドなら、30万円以上もの高い査定額がでることもありますので、まずはあなたの車の買取相場を一度調べてみましょう。


レクサスNXは価格に見合った価値が本当にあるのか?

レクサスNXは467万円~597万円の車です。

一方ハリアーは294万~495万円の車です。

ハッキリ言えばハリアーの最上級グレードのHV車の価格よりNXの下位グレードの方が高かったりします。

そのくらいの差があるので明らかにレクサスブランドに分があると言えます。

ただ中身を見ると本当にレクサスNXってその価値があるんでしょうか…?

ハイブリッドもターボも同じモノを共有する両車

実はハリアーもNXもハイブリッドが2.5Lでターボは2.0Lのほぼ同じハイブリッドシステムやエンジンを搭載しています。

また車体のプラットフォームも共有しており、サイズこそ若干違うものの(ハリアーの方が少し大きい)ホイールベースは同じで、例えて言うなら骨格が一緒の車と言って良いでしょう。

骨格もエンジンも同じなのになぜNXの方が基本的に100万円程度高いのか?

これは私も疑問に思いました。しかしその理由は「レクサスだから」以外に見出すことが難しいです。レクサスの代名詞の一つとしては上質な革シート仕様であることですが、実はNXの場合には最上級グレードのFスポーツかバージョンLを選択しないと革シートになりません。

それ以下のグレードは合成皮革シートとファブリックシートになります。これではせっかくのNXもやや興ざめでしょう。ですからNXは最上級グレードにこだわらないといけないのです。

そうなると更に高額になり「本当にその価値ってあるんだろうか…(だって中身はハリアーと一緒だし)」となってもおかしくないでしょう。最上級グレードを買うとハリアーよりも150万円は高くなりますね。ちょっと高すぎやしないか?と思う向きもあるでしょう。

しかしそうなんです。レクサスブランドとはその価格にも理由があると言えます。

前期型ハリアーは格差があるが?

前期型ハリアーは電動パーキングブレーキや全車速追従レだークルーズコントロールが無いのでその分、NXの方が優位ですが後期型ハリアーになるとそれは標準装備ですしますます格差がなくなっています。

さらに言えばNXの安全装備は一世代前のもので新車種の小型SUVであるUXの安全装備より劣ります。ですからNXだから最新装備でもないのがどうもマイナスポイントでしょう。

ですからハリアーとNXの差というのは今ではほとんどありません。

あるのは前述の通りレクサスブランドだけといった状態になっています。

確かに細かい内外装の装備や見かけがNXの方が上質と言えば上質なので差というのはそこだけになってしまうでしょう。

NXは希少性と高級車感を味わうためだけに買う車

NXを買う理由というのは走りがハリアーよりよいとか燃費が良いとかそういう単純な話ではなくなってきます。

言ってみればNXを買う理由というのは台数が少ない(ハリアーより1/6程度の販売台数です)ので希少性があるということがメリットです。

ハリアーくらいですと高級SUVですがそこら中で見かけます。しかしNXは台数が少ないので余り見ないという印象です。たまに見るとあ~NXだと思います。

またレクサスは何回も言いますがブランド力があり、乗っていればお金持ちと思われる効果はあるでしょう。最近は自由業(自営業)みたいな人が増えているので昼間からプラプラしていると無職を思われがちですから高級車に乗っていれば「あの人は何か仕事をしているんだろうな」と思われるでしょうから名刺代わりとしてレクサスに乗るのもありでしょう。

ただ余りにも高級外車を選んでしまうと「あの人は何か悪いことをやっているに違いない」となってしまうのでやはりNXかハリアーくらいで止めておいた方が世間体も良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする