ハリアーの2.0Lガソリンモデルはナゼ非力と言われるのか?

ハリアーの2.0Lガソリンモデル(NAエンジン)はよく非力と言われたりします。

ハリアーは車体が大きく重いので2.0Lでも非力と感じてしまう人はいるかもしれませんが乗っている人の感想としてはそんなことはないと総じて言うようです。

それではナゼハリアーの2.0Lガソリンモデルは非力だ、非力だと言われるのでしょう?


買取相場より30万円以上高く車を売る方法とは?

●高く売りたいなら、ディーラーの下取りは止めましょう

●買取業者の査定額は一定ではなく、 車の査定はいろいろな要因で、買取価格が決定します

●複数の買取業者を競わせることがあなたの愛車をいちばん高く売る方法です

買取業者もビジネスですので、安く仕入れることができれば利益が増えます。あなたは損をしないように事前に一括査定であなたの車の買取価格を複数業者に競わせて、納得いく査定額を引き出すことが重要です。かんたん車査定ガイドなら、30万円以上もの高い査定額がでることもありますので、まずはあなたの車の買取相場を一度調べてみましょう。


ハリアーの2.0L・NAエンジンとは?

■ハリアーの2.0L・NAエンジン

・3ZR-FAE 直列4気筒DOHC

・排気量1,986cc

・151PS/6100rpm(151馬力)

・19.7kgm/3800rpm

といったスペックになっています。

ハリアーのガソリン車は車両重量が1,580~1,620kgとなっていますので数値上では著しく非力であるということはありません。

普通ですかね。

ハリアーが非力だと言っている人達とは?

ハリアーが非力だと言っている人達は意識が一般の人達とは異なっている人達だと思います。

例えば元レーサーの人がハリアーのガソリン車に試乗して「ちょっとパワーが無いな」と言うでしょう。元レーサーの自動車評論家的な人とかモータージャーナリストとかいますよね。

そりゃレース仕様の車に乗り慣れた人が街乗りSUVのハリアーのしかも2.0L車に乗ったらトロく感じるに決まってます。

それはそれで仕方ないですが問題としてはそういう意見に感化される一部の一般人でしょう。別にレースもしたことがないのに元レーサーみたいな人の意見を聞いて自分「ハリアーの2.0L・NAはパワーが無い。2.0Lじゃ全然駄目だ」とか言い始めるのです。

しかしそんなに速く走る機会なんてありませんし峠を登るケースでは多少パワー不足は感じるでしょうがハリアーのような車で峠を攻めるような運転をするべきじゃないですよね。そもそも。

ですから次元が違う人の言うことに感化されてしまった人の意見にあなたも左右されてはいけませんよと思うのです。ハッキリ言ってハリアーが早かろうがパワーがあろうがあなたにはほぼ関係がないと思うんですよ。

速度制限を守って走るなら速いとか遅いとかほぼどうでもいいことです。

問題視をしている人達というのは多分速度制限を持っていない人達でしょう。高速でも異常なスピードを出してよく違反をしている人だと思いますよ。

ハリアーの2.0L・NAエンジンは踏むと問題なし

ハリアーの2.0L・NAエンジンは踏めばすぐに速度制限に達するレベルにあるでしょう。

そういうスペックです。

最近は余りアクセルをベタ踏みする人が減ったそうですが(燃費のためか?)一般道ではベタ踏みする機会はほとんど無さそうです。一般道でベタ踏みが必要な車種というのは相当に非力なエンジンの車種です。

例えば軽自動車なんかは中々進んでくれないのかな?と思っちゃいますよね。結構飛ばしている人も多いようですが。

2.0Lエンジンでベタ踏みしたらすぐ速度違反になります。ですからそんなに踏まなくて済むでしょう。

高速ではベタ踏みするくらいが調度良いかもしれません。それでもすぐに上限まで行ってしまうのであんまり飛ばさない方が良いですね。ハリアーは車重が重いので中々止まれないですし、車高が高く安定性も欠けるのでそもそも飛ばす車じゃないです。

高スペックエンジンは気持ち良いのか?

SUVでも高スペックなエンジンを搭載している車種はあります。

これはほぼ輸入車になりますね。レクサスも輸入車と言えば輸入車かもしれませんがそもそもハリアーと同じエンジンなのがNXです。RXなら高スペックエンジンでしょうが非常に高い車です。

高スペックエンジン(6気筒3.5Lとか)は確かにスッと加速していって気持ち良いと感じる人もいます。加速が強いのでスムースだと感じるわけです。

しかしこれは主に輸入車のエンジンスペックであり海外ではそもそも高速などの速度制限が日本とは違いますのでそのためにエンジンばかりではなく、自動車の衝突安全性も高い仕様となっています。

日本車はどちかと言えばペラペラな材質で軽い車でエンジンも低スペックとなっています。それは道路事情が違うということがありますし仕方ないことだと言えますね。

何が言いたいのかといえば結局高スペックエンジンを搭載した車を購入しても日本では宝の持ち腐れになってしまうということです。

以前にニュースになりましたがトンネルで日産GT-Rをとんでもないスピードで走って撮影した動画をYou Tubeにアップして逮捕された人がいましたが結局サーキット以外は高スペックエンジンを活かせるところが実際はないです。

高速道路も日本では制限速度が低いので(今度少し上がるようですが)ハリアーの2.0L・NAエンジンくらいでないと大幅に速度違反をしてしまって免停、罰金になりがちですよと言いたいのです。

買取相場より30万円以上高く車を売る方法とは?


買取相場より30万円以上高く車を売る方法とは?

●高く売りたいなら、ディーラーの下取りは止めましょう

●買取業者の査定額は一定ではなく、 車の査定はいろいろな要因で、買取価格が決定します

●複数の買取業者を競わせることがあなたの愛車をいちばん高く売る方法です

買取業者もビジネスですので、安く仕入れることができれば利益が増えます。あなたは損をしないように事前に一括査定であなたの車の買取価格を複数業者に競わせて、納得いく査定額を引き出すことが重要です。かんたん車査定ガイドなら、30万円以上もの高い査定額がでることもありますので、まずはあなたの車の買取相場を一度調べてみましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする